交通事故と示談交渉

交通事故後の示談交渉の場では、被害者の過失が全くみられない事故を除いたほとんどの場合に過失相殺についての話し合いが行なわれます。保険会社は過失割合を加害者に有利なものにするために、被害者の過失についての主張を行ないます。実況見分調書は、このような示談交渉の場、または示談交渉が成立せずに開かれる裁判の場において、重要な証拠としての役割を果たす書類なのです。

示談交渉を有利に運ぶためにも、事故に遭遇した際は自ら実況見分に立ち会うだけでなく、目撃者の方にも立会いへの協力を求めることが重要です。明らかに相手側に過失がある事故であっても、可能な限り多くの証言を残すことを心掛けます。目撃者の方が、どうしても実況見分の立会いは無理だという場合は、目撃した状況をメモ書きとして残してもらい、更にメモ書きに記名して貰います。また、事故現場の証拠写真についても、警察だけに任せるのではなく、警察が到着するまでの時間に自分でも撮影しておくなどします。

また、実況見分調書は簡単に見たり持ち出すことは難しいですが、謄写または閲覧を依頼することはできます。事故担当の警察署交通事故係にて、加害者の送致日、送致先検察庁、送致番号の確認をしたうえで、検察庁記録係に申込むのですが、当日の謄写・閲覧はできませんので謄写・閲覧を希望する場合は、日にちに余裕をもって申込む必要があります。また、謄写サービスを行なっていない検察庁もありますのでご注意ください。

参考サイト→http://www.ko2jiko.com/

交通事故の実況見分の立会いの必要性

実況見分調書は警察が作成する書類であり、事故後の示談交渉の際に有効な証拠となるものです。当然ですが、警察は事故後の損害賠償の過失割合を決めるといった民事の問題に介入することはありません。では、警察は、なぜ、この調書を作成するのでしょうか。警察は、交通事故が刑事事件に発展してしまった場合に備えて、検察による捜査や裁判に使用する書類として実況見分調書を作成しているのです。

警察が作成する調書なのだから、実況見分は警察に任せてしまっても大丈夫ではないか。立会いは必要なのか。と考える方がいらっしゃるかもしれませんが、実況見分に立ち会わないと、自分に不利な調書が作成されてしまう可能性があります。警察は、交通事故が起きてしまった後に現場に出向き、実況見分調書を作成します。当然ですが、事故に居合わせたわけではないため、実況見分に立ち会った人から得た証言から調書が作成されるのです。交通事故の加害者の立場である場合も、被害者の立場である場合も、実況見分には立ち会い、自分の主張の調書への記載を求めてください。また、確認後は、記名捺印を求められることになるのですが、一旦、記名捺印を行なうと調書の内容を認めたことになりますので、しっかりと確認した上で行なってください。明らかに調書に問題がある場合は、記名捺印を拒否できます。

交通事故を起こした時にとるべき行動

あまり想像したくはない事ですが、交通事故を起こしてしまった時に、どういった行動をとれば良いかご存知の方は少ないのではないでしょうか。日頃から安全運転を心がけているから自分には不要な知識だと思われる方もいらっしゃるかもしれませんが、事故後の対応について確認しておくことは、事故後に行なわれる保険会社との示談交渉の際に役立つのです。

交通事故を起こしてしまった場合、まず、事故の状況に応じて救急車などの緊急車両の手配が必要か判断し、必要であれば手配をします。その後、二次的な被害を防止するために、移動できる状態であれば自動車を路肩によせる、停止表示板を立てるなどの措置をとります。次に、警察への届出を行ないます。警察への届出は義務付けられていますので必ず行ないます。事故の届出を受けた警察は、事故現場に出向き現場検証を行なうことになります。この現場検証のことを実況見分と呼びます。

実況見分では、実況見分調書という書類を作成するための現場の写真撮影、タイヤのブレーキ痕の撮影、当事者や目撃者の聞き取りなどを行います。実況見分調書には、事故発生の日時、実況見分を行なった日時、事故の場所、立会人の氏名、立会人の説明、現場の道路状況、現場の見取り図、運転車両の状態といった事故に関する事柄が詳細に記載されます。警察が作成する調書だから、口出しできないのではないかと考える方が多いと思いますが、保険会社が損害の過失の割合を決めるための重要な証拠になりますので、冷静に自分の主張を行ないます。