交通事故を起こした時にとるべき行動

あまり想像したくはない事ですが、交通事故を起こしてしまった時に、どういった行動をとれば良いかご存知の方は少ないのではないでしょうか。日頃から安全運転を心がけているから自分には不要な知識だと思われる方もいらっしゃるかもしれませんが、事故後の対応について確認しておくことは、事故後に行なわれる保険会社との示談交渉の際に役立つのです。

交通事故を起こしてしまった場合、まず、事故の状況に応じて救急車などの緊急車両の手配が必要か判断し、必要であれば手配をします。その後、二次的な被害を防止するために、移動できる状態であれば自動車を路肩によせる、停止表示板を立てるなどの措置をとります。次に、警察への届出を行ないます。警察への届出は義務付けられていますので必ず行ないます。事故の届出を受けた警察は、事故現場に出向き現場検証を行なうことになります。この現場検証のことを実況見分と呼びます。

実況見分では、実況見分調書という書類を作成するための現場の写真撮影、タイヤのブレーキ痕の撮影、当事者や目撃者の聞き取りなどを行います。実況見分調書には、事故発生の日時、実況見分を行なった日時、事故の場所、立会人の氏名、立会人の説明、現場の道路状況、現場の見取り図、運転車両の状態といった事故に関する事柄が詳細に記載されます。警察が作成する調書だから、口出しできないのではないかと考える方が多いと思いますが、保険会社が損害の過失の割合を決めるための重要な証拠になりますので、冷静に自分の主張を行ないます。