交通事故の実況見分の立会いの必要性

実況見分調書は警察が作成する書類であり、事故後の示談交渉の際に有効な証拠となるものです。当然ですが、警察は事故後の損害賠償の過失割合を決めるといった民事の問題に介入することはありません。では、警察は、なぜ、この調書を作成するのでしょうか。警察は、交通事故が刑事事件に発展してしまった場合に備えて、検察による捜査や裁判に使用する書類として実況見分調書を作成しているのです。

警察が作成する調書なのだから、実況見分は警察に任せてしまっても大丈夫ではないか。立会いは必要なのか。と考える方がいらっしゃるかもしれませんが、実況見分に立ち会わないと、自分に不利な調書が作成されてしまう可能性があります。警察は、交通事故が起きてしまった後に現場に出向き、実況見分調書を作成します。当然ですが、事故に居合わせたわけではないため、実況見分に立ち会った人から得た証言から調書が作成されるのです。交通事故の加害者の立場である場合も、被害者の立場である場合も、実況見分には立ち会い、自分の主張の調書への記載を求めてください。また、確認後は、記名捺印を求められることになるのですが、一旦、記名捺印を行なうと調書の内容を認めたことになりますので、しっかりと確認した上で行なってください。明らかに調書に問題がある場合は、記名捺印を拒否できます。