交通事故と示談交渉

交通事故後の示談交渉の場では、被害者の過失が全くみられない事故を除いたほとんどの場合に過失相殺についての話し合いが行なわれます。保険会社は過失割合を加害者に有利なものにするために、被害者の過失についての主張を行ないます。実況見分調書は、このような示談交渉の場、または示談交渉が成立せずに開かれる裁判の場において、重要な証拠としての役割を果たす書類なのです。

示談交渉を有利に運ぶためにも、事故に遭遇した際は自ら実況見分に立ち会うだけでなく、目撃者の方にも立会いへの協力を求めることが重要です。明らかに相手側に過失がある事故であっても、可能な限り多くの証言を残すことを心掛けます。目撃者の方が、どうしても実況見分の立会いは無理だという場合は、目撃した状況をメモ書きとして残してもらい、更にメモ書きに記名して貰います。また、事故現場の証拠写真についても、警察だけに任せるのではなく、警察が到着するまでの時間に自分でも撮影しておくなどします。

また、実況見分調書は簡単に見たり持ち出すことは難しいですが、謄写または閲覧を依頼することはできます。事故担当の警察署交通事故係にて、加害者の送致日、送致先検察庁、送致番号の確認をしたうえで、検察庁記録係に申込むのですが、当日の謄写・閲覧はできませんので謄写・閲覧を希望する場合は、日にちに余裕をもって申込む必要があります。また、謄写サービスを行なっていない検察庁もありますのでご注意ください。

参考サイト→http://www.ko2jiko.com/